2010年11月26日

ビーツ&キャロット初収穫

ビーツが傍目から見ても大きくなっているので収穫してみました。
ついでにニンジンも少しだけ収穫。

うわっ!
なんか色とりどりですね。

これだからイタリア野菜って楽しいんですよね。
(売れるかどうかは別にして^^;)

初収穫

ビーツ類も程よく肥大しています。
エジプト種も相変わらずの扁平型です、これは今年の春、自家採種したものです。

それよりもゴールデンビーツですが、今までになく大きいですね。
春物はサイズが小さいんですが、その1.5倍はゆうにありますね。
(まだまだ大きいサイズもありました)

初収穫

こちらはカラーニンジンです。

まだまだ小さいんですが、既に色は完全に出ています。
来週には大きいものから本格出荷開始ですね。

初収穫

ちなみにニンジンはどれも甘いです。
posted by LOHAS20 at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 収穫

2010年11月25日

カーボロネロ除草

カリフラワーロマネスコの横に植えたカーボロネロも草にまみれて成長に影響が出そうでしたので除草しました。

と言ってもここは2.5列程度なのでそんなにかかりませんが。
折角なので追肥して中耕しておきました。

カーボロネロ除草

カリフラワーロマネスコの中に所々植えていたカーボロネロには脇芽が出始めました。
一度収穫して食べましたが美味しいですね。

カーボロネロ除草

さて、それはそうとまだ定植していないカーボロネロもまだあるんですが、どこに植えるか、、、。
posted by LOHAS20 at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 中耕作業or追肥

2010年11月24日

各種根菜類間引き

各種根菜類も大分大きくなって間引きの時期になりました。

早速間引き開始です。
もうすでにそれぞれの色が出始めていますね。

左から「ルタバガ」これ黄色になってます。
真ん中が「黒ダイコン」黒いですね。
右が「紅芯大根」赤くなってます。

各種根菜類間引き

間引き完了したら施肥及び中耕です。
今回は粒状有機ペレットを使います。

各種根菜類間引き

この肥料もなかなかいいです。

各種根菜類間引き

引き割って終わりです。
今回ちょっと株間がまだ短いかもしれません、今後調整します。

各種根菜類間引き

ちなみに隣(左)は国産のゴボウです。

春の稼ぎ頭です。

posted by LOHAS20 at 08:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 間引き

2010年11月23日

今年最後の強行播種

今年蒔いたカーボロネロの状態が一部の畑では良くなくて数が少ない感じです。
特に来年の脇芽から花芽にかけての出荷分が足りない感じです。

そこで再度蒔きました。

今回は簡易ハウスにしてみました。
黒マルチを敷いてトンネルをかぶせただけです。

日中はかなり暖かいですが、夜間は寒いでしょう。
ですがないよりマシかと、、、。

BLOGDSCF919101.jpg

閉めきった状態なので殆ど水遣りが必要ありません。

カーボロネロ

すべて発芽するとは思えませんが、40%程度でも発芽してくれれば良いですね。

カーボロネロ

※写真は播種後数日のものです。(一部発芽開始)

posted by LOHAS20 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 種蒔き

2010年11月22日

チコリ類回復

先日の雹の被害から10日経ってようやくチコリ類にも回復の兆しが見えてきました。

トレビスも葉が大きくなっています。

チコリ類回復

カステルフランコも同様です。

チコリ類回復

プンタレッラが一番ダメージが大きそうだったんですがこちらも大丈夫です。

チコリ類回復

イタリアレタスも見違えるようです。

特にこの圃場とあっているのか葉がこれまでになく青々としています。
いよいよ出荷も近いですね。

チコリ類回復

イタリアレタス以外は来年出荷ですがなんだか少し成長が早いような気がします。

ですが今年も著しく寒くなる予報が出ていますのでまた足踏み状態になるかもしれませんね。

posted by LOHAS20 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月21日

家族総出の芋掘り

いよいよ、総芋掘りとなりました。

安納芋も時期的にいいんじゃないかと思います。

この圃場にはサツマイモが複数種類植わっています。
ですがどこにあるのかは掘ってみないと、、、、、。


まず出てきたのが、「紫いも」(左)と「黄金千貫」(右)です。
紫いもは中も紫です(当たり前か)良くお菓子なんかに使われますね。
黄金千貫は白いサツマイモです。
主に焼酎の原料になるみたいですね。

※我が家では密造酒はつくりません^^ というか蒸溜酒が作れるわけありませんね。

芋掘り

こちらは定番の「紅あずま」です。
これ蒸すと美味しいですよね。

芋掘り

はい、こちらが「安納芋」です。
小振りなのが多かったですね。

芋掘り

安納芋は結局2コンテナ分ありました。
大きい物と小さい物に分けて、大きい方はこれから来年まで寝かせます。

小さいものは自家消費かな?

芋掘り

ところで、今日はうちのオチビさんも加勢に来てくれました。
焼き芋、大好きなんですね。

だけど、圃場では殆ど寝転んで泥まみれでした。^^

芋掘り

ちなみに安納芋を以前試し掘りして食べた際にあまり甘くなかったんですが、今回小さい自家消費分を焼き芋にして食べたところ、、、

甘〜い!!!

これが本当の安納芋の味ですね。


少し、出荷しようかな。

posted by LOHAS20 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 収穫

2010年11月20日

カリフラワーロマネスコ蕾出現!

カリフラワーロマネスコもやっと蕾が出始めました。

ただしはっきり出始めているのはこちらの国華園の物です。

ロマネスコ

こちらのナチュラルさんの物はまだ葉を剥いてやっと見える個体がようやく一つ位と言う感じです。

ロマネスコ

毎年のことですが、出荷は来年でしょうね。
posted by LOHAS20 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月11日

絨毯爆撃

昨日は夜中に雨の音が、、、

やった、また恵みの雨だ!

と、思った矢先に雷がとどろき始め、ものすごい豪雨となりました。
(そりゃもう凄いのなんの、家が壊れるかと思った)

朝、父が「白菜が穴だらけになっとる」と、、、、

畑に行ってみると、、、

カリフラワーは(風も結構凄かったので)倒れている個体も多く、葉も折れています。

氷

穴は空いていません。
(空いているのは虫です)

結構折れてます。

ヒョウの穴は空いてませんね。
ヒョウの被害はなかったんでしょうか?

氷

チコリの畑に行ってみると、、、

なんと!!!!!!!

悲惨です(;_;)

穴だらけです。

氷

これも、、、、

氷

近くに行くと良くわかります。

いずれもこんな感じです。

チコリ(カステルフランコ、トレビス)は葉が固めで割れ易いのでヒョウで穴が空きやすかったんですね。
カリフラワーは柔らかいので跳ね返したんですね、きっと。

氷

イタリアレタスもなぎ倒されています。

氷

プンタレッラも同じく、、、、

氷

これですべて枯れてしまうことはありませんが、成長が遅くなることは間違いないですね。
(特にカステルフランコとトレビス)

まあ、祈るしかありません。




ちなみにこの後、白菜も見に行ったのですが、まさに穴ぼこだらけで虫食いにあったような感じになってました。
こりゃ、剥いて出荷ですね。
(単価が結構下がります(;_;))
タグ: ヒョウ
posted by LOHAS20 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月09日

恵みの雨

やっと恵みの雨が降りました。

といっても夜中に降って明け方には止んでましたが、、、

恵みの雨

それでも降らないよりましです。
パースニップやニンジン、だいこん類も一息つきそうです。

恵みの雨

もうちょっと多めに降ってくれないかなぁ、、、。
タグ:
posted by LOHAS20 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月08日

息の長いペペロンチーニ

去年は既に処分していたペペロンチーニですが、今年はまだまだ実を付けています。

さらに収穫を追うごとに大玉になってますね。

BLOGDSCF911002.jpg

これ干したんですが、やっぱり結局日本の唐辛子のようにはなりませんでした。

中の身が多すぎるんですね。

もう少ししたら最後に株ごと刈って干しておいてみますか。(ダメもとで)
posted by LOHAS20 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月07日

ビーツ成長中!

ビーツも急成長で大きくなりました。
この分だと今月からの出荷も可能です。

こちらはビーツ(エジプト種)で扁平型のものです。

BLOGDSCF910801.jpg

こちらはゴールデンビーツです。
相変わらず葉が綺麗ですね。

間引き菜もゴールデンビーツの方が美味しいです。

BLOGDSCF910700.jpg

どちらも虫にやられて穴ぼこが目立ってきていますが、まあそんなに酷くは無い(一部は酷いですが)ので無視しておきます。

今年はなんだか勢いが良くてもしかしたら大玉になるかもしれませんね。

posted by LOHAS20 at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月06日

肥料の効果

夏に取り寄せた堆肥の「土と植物の薬膳」ですが、ニンジンとカリフラワーロマネスコに使って見ました。

去年同時期に栽培した品種と同じイエロー&パープル(今年は多い)ですが、明らかに成長の速度と葉の青々しさ、元気に成長している感じが伝わってきます。
別に気象条件もあまり変わりません。

これ私だけなのかなぁ、、、
と思っていたら母が「今年はニンジンの元気良かねぇ」と言っています。
気のせいじゃなかったんですね。

それと、最近は消えてしまいましたが、つい先日まで通路部分に菌なのか苔なのか今まで見たことがないものが生えていました。
これも肥料の菌の影響なのでしょうか?

肥料の効果

もう一つがカリフラワーロマネスコです。

これ、稲刈りからのあまりの忙しさに暫く見ていなかったんですが、見てビックリ!
かなり大きくなっています。

株間50cm〜70cm位(バラバラなのは手で置いたんで)あるんですが、それでもビッシリです。

肥料の効果

今にも中心に蕾がつきそうなんですが、まあこれは例年通り、完全に大きくなってから蕾をじわじわと付けていきます。
今年ちょっと遅かったんで年内に採れればいいなぁ、、。

肥料の効果

もうひとつ成長が早かったのはこれ↓
カリフラワーロマネスコの中に数本植えていたカーボロネロ(黒キャベツ)です。

茎に比較して葉の成長が早いですね。
これ以上大きく出来ないので、早速収穫して出荷しました。

肥料の効果

ちなみに同じ苗でちょっと遅めに定植したカーボロネロは現在この状態です。

カーボロネロ小

あ、そう言えば、圃場でカーボロネロの葉が折れちゃったんで食べてみたんですが、これがまた凄く甘いんです。
まあ、キャベツの独特の味はするんですがこのまま刻んでサラダに出来ますね。

これがすべて肥料のせいなのかは断言できませんが、去年と違うのは確かなようです。

ただ、この肥料のネックは価格です。
堆肥として使用する場合、30kg2000円を超える価格はu当り単価が高い果実類などでは良いのかもしれませんが、葉物類ではちょっと厳しい感じがします。

ただし、この肥料はペレットがあり、これを追肥として利用する場合には他の肥料と(価格に対する)遜色はありませんのでおすすめしますね。


※ちなみに当農場はこの会社(株式会社ソイルマイクロバイオロジー研究所)と特別な関係ではありません。

posted by LOHAS20 at 15:02| Comment(5) | TrackBack(0) | その他

2010年11月05日

パースニップ間引き

昨日の記事にも書いたパースニップですが間引きが何とか終りました。

だいぶ大きいんですが、丁度欲しい方がいたのでここまで大きくしていました。

パースニップ間引き

それにしても雨が降らないので乾燥しまくっていますね。
一緒に除草していたんですが、硬くて抜けません。

パースニップ間引き

それと、場所によるんですが、発芽率が良い所と悪い所が顕著です。



終わってから感じたんですが、間引き間隔ちょっと狭すぎたような気もします。
ちゃんと種袋の通りにしたんですけどね。

posted by LOHAS20 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 間引き

2010年11月04日

ニンジン収穫まであと少し

ニンジンもこの所かなり成長が早く、草丈も結構高くなりました。
そこで、どのくらい成長したのか1本ずつ抜いてみました。


パープル2種とイエロー、及び丸ニンジンです。

そこそこ成長していますが、特にパープル系のニンジンの成長が著しいですね。

ニンジン間引き

パープルニンジンを割ってみました。

左がDeep Purple F1で右がPurple Haze F1です。
食べてみるとPurple Haze F1の方が現在のところ甘いです。

ニンジン間引き

ところで現在遅いですがパースニップの間引きもしています。

その間引きしたものもレストランへ行きました。

ニンジン間引き

これがまた味がしっかりしているんですよね。

小さいのに。


さて、ニンジンも早ければ12月頭には出荷出来そうです。

posted by LOHAS20 at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月03日

乾燥の中、大根類成長中

先日蒔いた大根各種とカブ&ホウレンソウが既に発芽してかなり経ちました。

播種からここまで雨は1回だけです。
現在では雨がまるで降りません。

良く乾燥しているのに枯れませんね。
地中に水分があるんですね。
夏場だとこうは行きません。

こちらはホウレンソウです。
日本の種とまるで変わりません。(あたりまえか)

各種発芽

これはルタバガ

各種発芽

これは紅芯大根

各種発芽

これはミラノ大根かな

各種発芽

それでこれが黒大根です。

各種発芽

アブラナ科のだいこん類は小さい時は全く変わらないのでわかりませんね。

ですので一応分かるよう立て看板を付けています。
posted by LOHAS20 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月02日

これもやっぱりゴボウですね

花が咲き始めて収穫してしまったサルシファイですが、遅めに蒔いたサルシファイも少しですがあります。

そのサルシファイもウドンコ病で真っ白になってしまいました。

ウドンコ病

間違いなく、ウドンコ病ですね。

ウドンコ病

心配なのは隣のニンジンに移らないかヒヤヒヤです。

収穫にはどちらもまだまだかかります。

重曹でもやっておこうかな、いやそれとも水飴かなぁ、、、。
posted by LOHAS20 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記

2010年11月01日

今年も線虫?

カーボロネロは今年2つの畑に栽培しています。(どちらも少ないですが)

その一つは去年(前シーズン)栽培した所です。
ここにはそれに加えて、サボイキャベツとサボイキャベツ・ベローナも植えています。

ここは夏に白カボチャを植えていて結構良く成りました。

その後に植えて現在この状態なのですが、イマイチ元気がありません。
というか、雨が降っても枯れ始めているものもあります。

根こぶ病

枯れ始めた株を抜いてみると、、、、、
やはり、コブが出来ていました。

カーボロネロも

根こぶ病

サボイキャベツ・ベローナも

根こぶ病

サボイキャベツも

根こぶ病

去年と同じです。

カーボロネロの大部分は大丈夫なのですが、収穫時期まで持ちこたえるでしょうか?
根本的に土壌消毒が必要な時期になったようです。

この圃場の直ぐ上の荏胡麻の後にカーボロネロを植える予定だったんですが、この状態では難しいですね。

ちなみに青虫も発生していて網状態になったサボイキャベツもあります。

どうしようかな、、、。
posted by LOHAS20 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記