2011年10月07日

キャベツ追肥

しばらく見ないうちに一気に大きくなったサボイキャベツですが、ここで追肥と中耕しました。

キャベツ引き割り

写真では綺麗に見えるのですが、追肥前には雑草が生えていましたので、草取りしてからの中耕です。
もちろん有機肥料を施肥してからの中耕です。

キャベツ引き割り

もう既にチリチリした葉になりつつありますね。
posted by LOHAS20 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 中耕作業or追肥

2011年10月06日

ニンニン中耕

間引きしたニンジンも立ってきて大きくもなってきたので中耕しました。
目的は追肥と青首にならないように土寄せするのが目的です。

と言ってもパープルニンジンは青首にはなりませんけどね。
主にイエローニンジンでしょう。


まずは動物性有機肥料(ぼかし)ペレットを撒きます。

人参中耕

次に手押し式の中耕機で間を上げていきます。
畝の真ん中は中耕機でいいんですが、ニンジンの狭い株間間(15cm)は小さめな引き割り用のもので小さく割っていきます。

人参中耕

で、終わりです。

人参中耕

あとは収穫までな〜んにもすることはありません。

早ければ11月の下旬から出荷開始です。
posted by LOHAS20 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 中耕作業or追肥

パースニップ再播種

やっぱり無理でした。
虫食いのパースニップの種は全然発芽する気配も見せず、掘ってみても発芽していませんでした。

ですので、saheeさんから頂いたで再播種することにしました。
時期的にはちょっと遅いんですが、気候も良さそうなのでなんとか期待して蒔きます。

もうこれから再播種はできないのである程度厚めに蒔きます。
(全部発芽すると間引き大変ですが)

パースニップ再種蒔き

以前蒔いていた畝を再度均して今回播種しましたが草が結構生えてきています。
これから草取りが大変な感じがします。

パースニップ再種蒔き

現時点では土は湿っていますが、これから数日間雨が降る気配はありませんので、明後日頃には潅水しなきゃなりませんね。
posted by LOHAS20 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 種蒔き

2011年10月05日

イタリアレタス移植

追加で蒔いたレタスも移植時期となりましたので移植しました。

今回は良い発芽率でした。
16トレイありました。
(前回は6トレイ程度)

イタリアレタス移植

これは稲刈り後の定植となります。
posted by LOHAS20 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 移植

オリーブオイル抽出

昨日収穫したオリーブをオイルにするべく搾って見ました。

とりあえず、オイル用の実(完熟したもの&少しだけ青い部分が残っているもの)と塩漬け用の実と分けてオイル用の実をまずはビニール袋(4重にしています)にいれて実を潰します。

実際は種があるので搾れる部分は2/3程度でしょうか。
潰すのが終われば今度は揉みほぐします、続けること1時間、、、、、、、

疲れた、、、。

この作り方はネットでも出ては来ますが私はこれを参考にしました。




さて、この本によると揉みほぐすと果汁と油が分離して、、、、、、、とありますが。

1時間揉んだのを見てみると

ゲッ!
全然分離していません、と言うか色が変ですし、液状のものは全くありません。
失敗したのでしょうか。

まあ、でもそこそこしっとりとしているので次の工程へ、、、

ペットボトルを切って漏斗状にしたものを切った残りに刺してキッチンペーパーを入れてその上に揉んだものを入れます。

見るからに油なんか取れそうにありませんよね。

オリーブオイル

でも、、、

意外とすぐにキッチンペーパーが湿ってきてポタポタと流れ始めました。
黒いのが、、、、、、、、(途中からペットボトルからジョッキに変えました)

本によるとこの時点で果汁と油が分離するらしいのですが、確かに分離している感じはするのですがどちらかと言うと沈殿物と果汁とに分離している様子で全然油には見えません。

オリーブオイル

ですので、結局サラシで手で搾って強制的に絞りました。

そうすると、どうでしょう^^

油が出てきました。
綺麗に分離しています。

オリーブオイル

ですが、香りはフルーティな感じはしないんですよね。

それよりもあの分量でたったこれだけ?????
やっぱり手入れが悪い小粒のオリーブではこれが限界でしょうね。

で、そのまま使うのは抵抗があるので昼時にウインナーをこの油で炒めて見ました。
(本来フレッシュな搾りたてはそのまま使うらしいのですが)

フライパンに投入すると「バチバチッ!!」と跳ねる音が、、、オリーブオイルをすくったときに果汁(水分)もすくったみたいでその弾けた音でした。

ただ、、、

香りが、、本来のオリーブオイルの香りです。
良い香りがします。
これだけでも絞ったかいがありました。

残りはまた炒め物に使うこととします。

さて、来年こそはちゃんと搾れるようなオリーブを栽培したいと思います。



ちなみに、私は今までオリーブオイルって種を絞るものだとばかり思ってました。

次は塩漬けに挑戦です。(少しだけど、、、、、)
posted by LOHAS20 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理方法

2011年10月04日

オリーブアナアキゾウムシ駆除

少ないながらも収穫が終わり、いよいよ木を枯らしつつあるオリーブアナアキゾウムシの駆除を行いました。
調べるとスミチオンの50倍液(濃いっ!!)を株元にかけるようです。

早速調合してジョーロでかけます。

オリーブアナアキゾウムシ駆除

虫がいる所に重点的にかけます。
それにしても被害が凄いですね。

復活できるか?

オリーブアナアキゾウムシ駆除

掛ける前に見えるオリーブアナアキゾウムシは捕獲して殺したんですが、その数今日はゆうに30匹はいました。
前回も同じくらい捕殺していたのに、、、、。

スミチオンをかけた後にもどこからか数匹上がって来ました。
平気なのか?????

オリーブアナアキゾウムシ駆除

オリーブアナアキゾウムシが酷いのは生きている2本のうちの1本で、もう1本は葉が立ち上がっていて今にも生き絶えそうです。
こちらは根元を掘ってみるとオリーブアナアキゾウムシは1匹見かけたんですが、それよりも蟻が巣を作っていました。

そのせいで枯れそうなのでしょうか?

とりあえずこちらにもスミチオンをかけておきました。

オリーブアナアキゾウムシ駆除

なんとか2本持ちこたえて来年たわわに実を成らせてくれよ〜



ちなみに、オリーブ畑が以前より明るくなりました。
というのもここの地主さんが左の大木を小さく切ってくれたからです。

これでオリーブの大好きな西日も存分に浴びることが出来るでしょう。
posted by LOHAS20 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬剤散布

オリーブ初収穫!!

待ちに待ったオリーブの収穫です。

先日の草払いから数日経ちましたが、既に完熟して地上に落ちているものも結構ありました。
やっぱり収穫時期は9月中のようです。

オリーブ収穫

1本のオリーブから今回は2キロ位でしょうか?(測ってません)
まあ、殆ど手入れされていない状態でしたのでまあ上出来といったところでしょうか。

粒もそんなに大きくはありません。
また、熟しているものとまだ青いものが混在しています。

オリーブ収穫

さて、今日の夜にでも早速搾ってオリーブオイルを作ってみようとおもいます。
そうそう、青いのは塩漬けにします。


楽しみ〜。
タグ:オリーブ
posted by LOHAS20 at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 収穫

2011年10月03日

アブラナ科間引き

昨日のニンジンに続いてアブラナ科各種も間引きしました。

これはルタバガですがすでに間引き後です。
それにしても草が多くなりつつあります。

アブラナ科間引き

種袋では株間が15cmでしたが、去年栽培してそれではなんだか狭すぎるようでしたので、ちょっとだけ広めの17cm程度にしています。
まあ、今後の成長を見て、もし狭いようでしたらもう一度間引いてもいいかもしれません。
(たくさんあるので)

アブラナ科間引き

こっちは黒大根です。
去年から丸型(カブ型)の黒大根は作っていません。
普通の大根型です。それも小型系です。

カブ型の葉の草勢が強いような気がします。

アブラナ科間引き

こちらも種袋では15cmでしたが、ルタバガと同じ17cm程度にしています。
これはこのままでいいでしょう。

アブラナ科間引き

間引きが終わりましたので、成長を見て来週位の草がひどくならないうちに追肥して中耕(引き割り)する予定です。


それにしても、、、、

この横のパースニップは発芽しません。
やっぱり虫にやられていましたか、、、、。

saheeさんに助け舟をお願いして種を分けてもらいましたので来週にでもまた再度蒔きます。
今シーズンは遅れるなぁ、、、。
posted by LOHAS20 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 間引き

2011年10月02日

ニンジン間引き

ニンジンも薄いながらも順調に発芽し、間引き(うちのあたりでは「ニンジンくけ」って言います)の時期となりました。
あたりでも盛んにニンジンの間引きが行われています。

最近は離農に伴う、農地の売却でニンジン畑が無くなりつつありますが、昔は当農場のあたりは見渡すかぎりのニンジン畑でした。
まあ、それでも残っている畑は今でも大体ニンジン畑ですね。

で、当農場でも間引きを行いました。

間引き

以前も記事にも書いたと思いますが、昔は間引き間隔はタバコ1本でしたが、最近は指3本分と狭くなっています。
中型種から小型種が多くなったせいなのでしょうか?

間引き

とりあえず指3本分で間引きしました。

間引き後は寝ている状態のものが多いので2〜3日後に追肥と中耕(引き割り)をします。

今年は栽培面積が多いのでミニキャロットから出荷していこうと思っています。
タグ:間引き
posted by LOHAS20 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 間引き

2011年10月01日

ホウレンソウ各種種まき

去年貰いダネで遅くに栽培したイタリアホウレンソウですが、あまりの甘さにレストランのシェフが感動(もちろん私も)したんですが、そのホウレンソウを蒔きました。

去年は一月以上も遅かったので、収穫時にはすぐにトウが立ってしまいました。
ですので今年は種袋通りです。

縮みホウレンソウ

ちなみに品種は去年のイタリアホウレンソウと、雪美菜、寒味の3種類です。

イタリアホウレンソウも基本的には縮みホウレンソウだと思いますので、他に国産(と言っても生産国はヨーロッパ)の種から2種選択しました。

縮みホウレンソウ

種は結構たくさんありましたので別の圃場にも分けて蒔きました。

縮みホウレンソウ

長崎も最近は寒さが厳しくなり、雪の回数も年々増えて降雪量も多くなっています。
ですので、この縮みホウレンソウも栽培しやすくなりますね。

ただ、その反面、夏場はかなり熱くなる傾向にもあります。
ですのでパパイヤなんかも順調に育つ気候にもなりつつあります。

農業の作柄も見直す時期にも来ているのでは無いでしょうか?
posted by LOHAS20 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 種蒔き