2010年02月14日

苦くなくて美味しい!

いよいよ今年のプンタレッラの出荷開始です。
 
先日の記事にも書きましたが、今年の品質(外観)はなかなか良いです。
なんというか今までに無い理想的な形(一本一本が太くて肉厚)で収穫出来ています。
 
さて、いくら良く出来ても説明書きは必要ですのでいつものラベルを貼って出荷です。
 
プンタレッラ出荷
 
さて、ただ出荷するだけではお客様にアナウンスも出来ないので、試食してみました。
 
 
なんと!


ビックリ!!!!

 

そのまま食べても(水にさらさなくても) 
 

 
 
全然苦くありませんっ!!
 
 
それになんかフルーティな香り(味)がほんのりとします。
 
 
いやぁ、プンタレッラは苦いものだと確信していましたがその考えは間違いでしたね。
やはり、強烈な寒さに当てると苦味が無くなるのでしょうね。
 
 
 
 
 
でも、、
 
一部腐っているのが勿体無いですね。
 

posted by LOHAS20 at 10:59| Comment(8) | TrackBack(1) | 出荷
この記事へのコメント
はじめして。実家近くの直売所でプンタレッラを買ってきまして、珍しい野菜なのでちょっと調べていたら、なんと、こちらのラベルが買ってきたパックに張られていたものと同じ!でびっくりしました。まさか生産者様のブログに行き当たるとは・・・。
魚のマリネに和えて食べましたが、しゃきしゃきして美味しくてとても気に入ってしまいました。
家庭菜園をやっているので、自分でも育ててみたいと思っています。まき時はやはり秋でしょうか? 春は難しいのでしょうか? 種は通販でも入手できそうですが、栽培のコツなどありましたら教えていただければ幸いです。
Posted by patako at 2010年03月02日 13:19
patako様、管理人様は忙しいので私が代わって…(ゴメン)

本当にいつもお買いあげいただきまして、ありがとうございます!
種は入手可能ですが、イタリアの営農用の為、数千粒?入ってます。(詳細はナチュラルハーベストを見て下さい)中途半端な農家が持て余す量です。従って種を分けてもらうか、苗で分けてもらうかするといいです。沢山作っても、収穫時期が集中するので、貴女が直売所に出すことになりますよ。

栽培方法は、ブログ内の語句検索で過去ログがでます。春の花芽を食べるので、春撒きじゃ1年待つかも?

以上saheeがお答えしました。ちなみにウチにも種はいっぱいあります。今年のは2年目。数年で期限切れになると思う。
Posted by sahee at 2010年03月02日 20:14
patakoさん、こんばんは。
また、お買い上げ頂きまして誠にありがとうございます。
こちらも近くの方に見て頂いてビックリです。

今年のプンタレッラは大きさ品質共にこれまでで最高の出来と思います。
ラベルには縦に割いて水にさらしてと書いておりますが、今年はそんなに苦くありませんのでそのまま使えます。

うちではサラダより、小さめの茎をそのまま炒めて食べます。
これがまた美味しいですよ。
ちなみに一緒に出荷している「カリフラワーロマネスコ」「ミニカーボロネロ」とベーコン(もしくは豚バラ)と炒めるとスゴク美味しいです。

オリーブオイルを仕上げにかけるといい味が出ますね。

プンタレッラ(チコリ類も含め)は気温(寒さのあとの)にかなり敏感で、ある一定の気温以上ではすぐに花が咲きます。
種袋(イタリア物)には春蒔きも可能と書いてありますが、このあたりではまず不可能です。
(既に試しています)

蒔きどきはやはり秋ですね、このあたりも段々と暑さが早く来るようになりましたので、今回のプンタレッラの時期がベストシーズンのようです。

今年も秋蒔きで行きますので、私のBlogを参考にして頂ければ良いですよ。

また種はイタリア物はsaheeさんが言われているようにかなり沢山入っています。
(私は既に一袋で3年目です)

もし、ご入用であれば苗はお分けいたしますよ。
Posted by LOHAS20 at 2010年03月02日 22:18
saheeさん、こんばんは。

ご指摘の通り、忙しいんです。
プンタレッラとカリフラワーがすごいスピードで成長していて出荷と発送に追われていました。

あまり、成長するのでプンタレッラは一部出荷不能になりそうです。
(勿体無い)

カリフラワーロマネスコも暖かくなるとダメですね。
紫色になるのと少し毛羽立つ感じが出てきて価格もそのぶん安くなります。
こちらも一部出荷不能です。

もう少しゆっくりと暑さもやって来て欲しいところです。
Posted by LOHAS20 at 2010年03月02日 22:23
管理人様、sahee様、丁寧なお返事どうもありがとうございます。

やはり秋まきでないと難しいのですね。ヨーロッパの涼しさなら大丈夫なんでしょうけど、日本の酷暑ではですね・・・。
でも秋の種まきの楽しみがひとつ増えました。管理人さんから苗を分けてもらうのがベストなんでしょうが、自宅は山口にあり、長崎にはそう頻繁に帰省しないので、がんばって種から育ててみます。多いのは知人と分けたりしようと思います。

チコリ類いろいろ育てられてるんですね。以前、トレビスを種まきして育てたことがあるんですが、時期が遅かったのか何度やっても結球しないまま春を迎えてしまいました・・・。

ロマネスコは一昨年に数本植えて、一応ちゃんと収穫できました。他のブロッコリなどと同様、ヒヨドリに葉っぱを食べられてフンまみれになったりしましたが(笑)。プンタレラと炒めるの、美味しそうですね! 1年後、無事収穫できたらぜひやってみます。

狭い畑での素人栽培のくせに、ちょっと変わりものを育てててみたくなります。こちらの過去ログ、いろいろ参考になります。また何か質問するかもしれませんが、どうぞよろしくお願いたします。

(ブログにプンタレッラのことを少し書きましたのでTBさせていただきました)
Posted by patako at 2010年03月03日 13:14
ロマネスコやトレヴィス育てた?素人じゃないな!ブログあるんですね、あとで訪問します。

チコリ類は、寒くなるまでに、あるていど大株に育てておく必要があるようです。(キャベツでも同じですね、12月になると寒くて成長しない)トレヴィスは、今からでも大丈夫と思う。トンネルして撒けばいい。国産の種はサカタにある。他のは少ししか入ってない。海外のはものすごく多い。

ヒヨドリの被害、どこでもあるようです。(NHKラジオでやってた)こちらは今年の被害は大したこと無い、去年は網かけた。
- - - - - - - - - - - - - - - -
LOHAS様、成長が悪くてあきらめていた sutton のロマネスコがこの所急成長。小振りで綺麗、山は低い。ここの写真と同じ感じ。急に成長するとイタミが無いですね。franchi の多くは年を越したので、汚いのが多かった。

プンタレッラ、なぜか小さくて固い。良くなるのだろうか?
Posted by sahee at 2010年03月03日 20:27
patakoさん、こんばんは。

色々挑戦されていますね。
植物を育てるのは基本的には教科書通りなんですが、イレギュラーな栽培でも意外とその土地と気候に合うことがあります。

なんでもトライです!
頑張ってください。
Posted by LOHAS20 at 2010年03月05日 18:23
saheeさん、こんばんは。
うちの遅いロマネスコは半分しか採れませんでした。
やはり気温の関係で大半がブロッコリー形状、もしくは毛だらけ、もしくは紫になってます。
また、柔らかくて手でつかんだらグニャってなります。

やはりダメですね、、、遅いのは。

プンタレッラは暖かくなると成長が一気に来ます。
早めに売り先を確保しておいた方が良いですよ。

うちでも毎日沢山(売れる分だけ)収穫して出荷してますが、それでも半分は出荷出来ないでしょう。
Posted by LOHAS20 at 2010年03月05日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35324094

この記事へのトラックバック

新顔野菜
Excerpt: 連れ合いが出張にいっている間にちょいと長崎まで里帰り。 福岡へ戻る前に実家の近くのJAの直売所へ寄った。 この直売所、いつ行っても大盛況で駐車場もいっぱいでなのある。 旬の新鮮な地物野菜が並ぶ中、珍し..
Weblog: かわず菜々
Tracked: 2010-03-03 13:15