2010年06月06日

カラーインゲン出荷開始!!

インゲンを毎日見ていて、現在花盛りでもう少しかかるだろうと思っていたんですが、透明マルチの下の草が成長して盛り上がってきているので、除草作業をしていたら結構成長しているじゃありませんか!!
 
特にグリーンに赤斑とイエローが成長著しいです。
 
早速、試食用と出荷用に収穫しました。
 
まあ、まだ遠慮がちに少しだけ収穫したので出荷は2袋です。 
 
カラーインゲン
 
こうやって袋に揃えると綺麗ですね。
 
 
試食には「茹で」と「炒め」で試して見ました。
 
茹でると色つきカリフラワー等と同じく、赤斑とパープルはグリーンになっちゃいます。
炒めるとその程度にもよるのですが、これもまたグリーンになります。
 
ただ、生で食べると瑞々しくて、甘くていいのですが、豆臭さがありますね。
これはドレッシング次第で食べられると思います。
 
さて、イエローはどうでしょう?
 
これは茹でても炒めてもそのままの鮮やかなイエローです。
これはうちの嫁さんがよく作る「夏野菜の冷製の煮物」系に合うかもしれません。
 
 
さあ、あとは蔓ありの「レッド」系の収穫を待つばかりです。
この記事へのコメント
早いですね!!!

ウチの期待の黄色巾広インゲン(ヴェネツィア)は、まだですね。今までのマンズナル(岩手産)なら、5月後半から出荷してました。ハウスです。去年より1ヶ月遅れかな、元々晩生かも?

今、マッチ棒くらいのがなってるんですが… 色は緑。これから黄色になるの?インゲンの茎は、かなり黄色っぽいですが。そちらの黄色は子供の頃何色ですか?
Posted by sahee at 2010年06月07日 20:07
はじめまして。あちこち飛んできて、こちらにたどり着きました。
私の住む地域の農家の直売でも、カラーインゲンが出ますので、時々購入します。
カラーインゲンやオクラのせっかくのあの色を、何とかそのままに…と思って、天ぷらにしてみたら、キレイな紫色のまま出来ました!
アントシアニンは水溶性なのでしょうか?ナスも同じですよね。
オリーブオイルでグリルとかなら、インゲンもカラーパプリカもいいかもしれませんね。
(紫のブロッコリーは、油は…どうなのかな…)
Posted by $有銭$ at 2010年06月08日 11:56
割り込みます。

一般に紫の野菜は、加熱で色が溶けます。インゲンやブロッコリーは濃い緑になると思います。
天ぷらで紫のままとは知りませんでした。シェフは、紫野菜は色落ちしないよう、ちょっと加熱と言ってましたね。
カリフラワーのパープルかヴァイオレットのどちらか(忘れた)は茹でても色が残ります。

黄インゲンがシェフに人気なのは、茹でるといっそう鮮やかな黄色になる。(と聞いた)私は未収穫なので未確認。
Posted by sahee at 2010年06月08日 12:14
こんにちは。
イエローインゲンはある程度の大きさまで緑ですよ。
そこから一気に黄色に変わります。

茹でても綺麗なままです。
Posted by LOHAS20 at 2010年06月08日 13:10
$有銭$さん、こんにちは&いらっしゃいませ!

天ぷらは色飛びしませんか。
一度試してみます。

でもナスは煮込んでも紫の表皮は変わりませんよね。たぶんナスは硬い表皮に色素が守られているからなのではないのでしょうか?
(間違ってたらすいません)

こちらのシェフに聞いたら、(ほんの)軽く熱を加えて、酢か何かの調味料で豆臭さを抑えるようなことを言われておりました。
Posted by LOHAS20 at 2010年06月08日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38803416

この記事へのトラックバック