2010年07月27日

種採取

冬に植え替えた種取り用のビーツとパースニップもそろそろ採取時期となりました。
 
こちらはビーツ
まさに種袋に入っているまんまの形です。
枝にそのまま付くんですね。 
 
種採取
 
コンテナに枝ごと採取します。
 
種採取
 
採取後、ビーツは抜きました。
超大型の株に成長しています。
 
結局、採取出来たのは一株だけでした。
 
種採取
 
こっちはパースニップ
ニンジンの種取りのようです。 
 
種採取
 
こちらも花の先ごと切り取り、採取します。
 
種採取
 
この後、干してから、種をそぎ落として終了です。
 
我が家で使用すると4年分はありますね。
 
近くでビーツを栽培してみようと思う方には分けてあげようと思います。
posted by LOHAS20 at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
こう暑くては種を播いても水やりが大変。苗の管理も大変。いくつも枯らしました。

本題:ベビー取りしようと思って、ビーツ、ホウレン草、オークリーフ、赤ロメイン、赤ダンディライオンの余り種を試し撒き。ビーツの発芽率すごくいい!今年の種。ただし、この暑さを乗りきれるか?

パースニップですが、どっさり手下げ袋に入れてあったので、梅雨の湿気で発芽率落ちたようです。今年物発芽いいです。これは今撒かなきゃ、年内取りできない(当地では)。人参も順次撒きたいけど、梅雨明け後、撒けない。
Posted by sahee at 2010年08月05日 11:31
こちらも猛暑で大変です。
定植したロメインレタスも半分枯れました。

水やって追加定植です。
Posted by LOHAS20 at 2010年08月05日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39981069

この記事へのトラックバック