2010年12月01日

始めての鶏糞堆肥

定植時期をとうに過ぎているカーボロネロの定植地を先日除草したカーボロネロの隣に植えることにしました。
草が凄かったので、草刈機で地上部を刈り取り、そのまま耕しました。

さて、今回はいつも卵を購入している養鶏場の方に籾殻をあげたところ、代わりに鶏糞堆肥を貰いました。
鶏糞堆肥は即効性は期待できるのですが、草勢が強いイメージがあります。
あと酸性やアンモニア攻撃性が強いイメージもあります。
(あくまでイメージ)

カーボロネロ定植準備

開けるとなんか予想と違って完熟していて匂いも牛糞と変わりません。

これならイケルかも。

カーボロネロ定植準備

で、早速投入!!

カーボロネロ定植準備

一部にアンモニア臭がしたので、耕したあと暫く寝かせることにします。

カーボロネロ定植準備

ちなみに管理機(小型耕うん機)を新規購入しました。
中耕用としてですが、アタッチメントでミニ耕うん機となります。

というのが、この畑にはトラクターが入らないからです。

いや〜、トラクタならほんの5分ほどですがこれだと1時間(2度打ち)もかかっちゃいました。
posted by LOHAS20 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 定植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41984319

この記事へのトラックバック