2010年12月12日

過ぎてゆく野菜、これからの野菜

ここ最近本格的な寒さもやってくるようになり、朝には真っ白になるような霜も降りています。

そうなると、枯れていく野菜が出てきます。
真っ先にこの韓国かぼちゃですね。

今年初お目見えでしたが、私的には美味しい野菜でした。
特にこれで作る野菜炒めと野菜チャーハンは美味しかったですね。

来年もこれは栽培します。

韓国かぼちゃ

これは毎年ほっといても出てくるフルーツ・ホウズキです。
年に夏と冬に実を生らせますが、特にこの時期の実が甘くて美味しいです。

ただ、霜に当たると直ぐに枯れてくるので、もう数日の命です。
実はいっぱいついているんですけどね。

ホウズキ

これはカルドン、春に一度花が咲いて枯れますが、その後また葉が出てきます。
夏場は苦くてたまらないんですが、冬の寒さが厳しくなると苦さは消えて、反対に甘くなります。

この野菜、栽培にセオリーがあって時期や軟白方法があるんですが、それでは苦くてたまりません。
それを無視して時期を外せばもっと美味しいものになります。

なんだか不思議な野菜です。

カルドン

カルドンは来年もう少し増やす予定です。


ただ、、、

難点は夏にアブラムシが大発生するんですよね。
まあ、ほっといてますが、、。
posted by LOHAS20 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | いつもの栽培経過日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42107177

この記事へのトラックバック