2011年09月27日

遅まきチコリ移植

稲刈り後用のチコリの移植を行いました。

手前側がリーフチコリプレコーチェで奥側がプンタレッラです。
その先が先日移植したイタリアレタスです。

チコリ移植

去年はかなりの数を移植していたんですが、今年は別の圃場を確保できたのでほぼ半分はすでに定植済みです。

今シーズンのチコリ類はこれで終わりです。

今年蒔かなかったタルティーボ、エンダイブはもう見限りました。
栽培時期の問題もあるんですが、どちらも手間がかかりすぎる上に、出荷まで至る確率が少なすぎます。

ですので、今年はプンタレッラとカステルフランコとリーフチコリプレコーチェで行きます。
特にリーフチコリプレコーチェは見た目、価格、栽培意欲共に良いですね。
もっとベスト栽培時期と栽培方法を模索して冬場の主力商品の1つとして確立させたいですね。
posted by LOHAS20 at 09:16| Comment(3) | TrackBack(1) | 移植
この記事へのコメント
タルディーボやめましたか。「デ」ですよ。
こちらで毎年上手く行ってるのは、カステルフランコ。
今年は、両方とも、30cm間隔で数粒、直播きした。ところが、カステル〜 はほとんど、食われてしまった、バッタ?ネキリ?コガネの幼虫?
慌てて遅れて播いたけど、遅すぎかも?
タルデ〜 は、沢山発芽4〜5cm。これで、露地軟白できないかやってみます。

ところで、プレコーチェは、結束しますか?
Posted by sahee at 2011年09月27日 19:50
図書館で借りた本を、返さなきゃとパラパラめくっていたら、ありましたよ「エンダイブ」<初級>となってます。
8〜9月上旬播種、本場4〜5枚定植、定植6週で結束、定植60日後収穫となってます。(春は3月中〜4月)

藤田智の「個性派おもしろ野菜の作り方」

ちなみに<上級>は、ルバーブ、ロマネスコ、アーティチョク、シシリアンルージュ、エゴマ、紅芯大根、加茂ナス、毛馬キュウリ。

トレヴィスは<中級>育苗は上に同じ。結束なし。定植60〜70日で収穫。
Posted by sahee at 2011年09月27日 21:49
saheeさん。

今まで水田後に作っていたので時期が遅いというのもあったのかもしれません。
ただ、手間かかるのでそれならリーフチコリプレコーチェのほうが格段にいいです。

ちなみに結束します。
それに幾分暖かくても上手く行きます。

エンダイブも水田後なのでこれも同様です。
畑に植えるのなら条件が変わりますが、商品の魅力と言う所ではリーフチコリプレコーチェのほうが上田と思います。

それに軟白の手間も同様にかかるし、、、。
Posted by LOHAS20 at 2011年09月29日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48187413

この記事へのトラックバック

プンタレッラの種蒔きと発芽
Excerpt: 先週遅ればせながら種蒔きしたプンタレッラが発芽を始めました。 左側にプンタレッラ・フォグリアストレッタ、右側にプンタレッラ・ガラティナという2種類の品種をまきました。 ...
Weblog: Kochan's ベランダ菜園BLOG - マンションガーデニング、家庭菜園、中華街ランチ、キャンペーン情報等
Tracked: 2011-10-27 08:33