2012年01月10日

チコリも寒いよね

農業雑誌でラディキョにトンネルして寒さ対策している方の記事が有りました。

いままで、腐ってしまうのは仕方なく、ましてや色合いを鮮やかにするために必要な部分と判断していましたが、その方では腐りを限りなく少なくするために行うそうです。

チコリは味はともかく、色合いが重要ですのでちょっと疑問な部分も有りましたが、メールで問い合わせてみて私も同様に行なって試して見ることにしました。

ただ、現在出荷中のものは上手く成長して収穫も終盤ですので、寒さの影響を受けやすい遅物のチコリ(リーフチコリ プレコーチェ、プンタレッラ)にトンネルを掛けます。

丁度今日は風もなく、トンネル日和です。

トンネル

穴あきトンネルを掛けています。
ちょっと心配なのは、この場所が風を受けやすいので、この穴が風を通して浮き上がらないか心配です。

トンネル

まあ、とにかくこれからの様子見です。


ちなみにチコリ以外に、イタリアレタスにも一部かけておきました。
厳寒の中でも収穫は出来るのですが、時間がかかるのと縮れが大きくなるのと中空になりやすいのでトンネルで回復するか試しにかけました。
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。

写真見てふと気になったのですが、
畝の高さがほとんどないのは、
そちらは冬はほとんど雨の心配がないということなのですか?
稲作の後のような感じですけども。
今年は雪もまだということですが、
雪だけなら降っても心配ないということなんですかね。
Posted by H2 at 2012年01月19日 22:25
畝は殆どと言うか立てていませんね。
(米の収穫後に定植)
こちらは冬場は乾燥しがちなので丁度いいと思います。

ただ、雨が強く降るとたまりますが、、、。

こちらの雪はトンネルを押しつぶす位は降りません。
ですので雪は殆ど関係ありませんね。
Posted by LOHAS20 at 2012年01月20日 12:48
トレヴィスですが、
小さいのも、そのうち大きくなったら、獲ろうと思っていたら、先日の−2℃の冷え込みで、外葉から傷んできた。マイナスになるとダメですね。

小さいのは、播種が遅かったからですが。

プレコーチェですが、
年末までに、結構大きくなったものの、色の乗り悪い、葉も固い。今は生長してない。暖かくなったら収穫できるか?
Posted by sahee at 2012年01月25日 20:09
トレビスは終わりましたが、今年はほぼ8割がた収穫できたのでは無いかと思います。
(小さいのもありましたが)
やはり早い時期での栽培が適していますね。

プレコーチェは現在まだ収穫してはいますが、やはり最近の低温(こちらでも氷点下あり)で腐りが多くなりつつあります。
カステルフランコはもうだめですね、ですがどれも早めに蒔いていたので収穫時期を早めに出来たので去年のような低温障害で半分以上ダメになることは無かったですね。
Posted by LOHAS20 at 2012年01月26日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53045543

この記事へのトラックバック